レストラン店主、壊れた車集めて空き時間に修理 困っている人々に贈る

壊れた車集めて修理、移動手段ない人々に贈る 米

(CNN) 米サウスカロライナ州でレストランを経営するエリオット・ミドルトンさん(38)は幼い頃、敏腕整備士だった父親の後をついて回り、次々と車を丁寧に修理する父の姿を見て育った。そんな父の死後から1年も経たないうちに、ミドルトンさんは父から受け継いだ技術でぼろぼろになった中古車を修理しては、公共交通機関の乏しい同州の田舎町の人たちに車を無償で提供している。

ミドルトンさんは車を譲ってくれる人に対し、彼が経営するレストラン「ミドルトンズ・ビレッジ・BBQ」のリブ肉一皿を提供することで中古車を調達している。また、このプロジェクトの資金を確保するため、オンライン上で資金調達キャンペーンも立ち上げた。

「車がなければキャリアも積めない。バスも配車サービスのウーバーにも頼れない人たちは、より大きな仕事を見つけられる港湾局や工業中心地のある都市部へどうやって行くのか?」「条件の良い仕事場まで何十キロも歩いて行くことはできない。彼らは生きるために必要な給料をはるかに下回る末端の仕事に甘んじるしかないのだ」とミドルトンさんは話す。

これまでに100台の車を収集し、修理した車を33人の地域住民に寄付したミドルトンさんだが、これらの見返りを彼は一切求めていない。ミドルトンさんは「車を与えることで彼らの生活を変えることができる。自分自身を向上させたいと思っていても、それを交通手段によって妨げられている全ての人を助けたい」と語っている。

ミドルトンさんが、困っている人に車を贈るというアイデアを思いついたのは、彼がフードドライブ(食品を生活困窮者などに提供する取り組み)を企画し、自分のレストランのバーベキュー250箱を配布した2019年11月のこと。配布を全て終え、あとどれぐらいの人が食料を求めて待っているかを確認するため外に出てみると、2ブロック分の行列ができていたという。

エリオット・ミドルトンさんは機械工からレストラン店主に転身/Courtesy Eliot Middleton
エリオット・ミドルトンさんは機械工からレストラン店主に転身/Courtesy Eliot Middleton

その時、彼はほとんどの人が町の反対側に向かって歩き始めたことに気付いた。「何人かに話を聞いてみると、彼らは食料を受け取るために5~6.5キロ歩いてきたが、車がないから間に合わなかったという。私はそれを知って、ひどく取り乱してしまった」と彼は振り返った。

ミドルトンさんにとってこの体験が人生の転機となった。「自分の時間と技術を積極的に地域社会に還元しよう」と決意したのだ。

「彼は神が与えた特別な人」

メラニー・リーさん(59)は、病院のベッドで闘病生活を送っていた息子を見舞うために、2007年式のシボレー「タホ」を何時間も運転した4カ月間のことを覚えている。息子を埋葬した一週間後の2020年11月、リーさんの車はこれまでの長距離走行がたたり故障し、彼女は息子が残した子どもたちに会いに行くことができなくなった。

「車が故障して、私自身もダウンしてしまった」と、リーさんはCNNに語った。「息子もいないし、交通手段もない。どうやって孫の人生に関わっていけばいいのか。どうすればいいのか」。当てにできる交通手段がなく、彼女は買い物にも教会にも行くことができなかったという。

ミドルトンさんは、リーさんの甥(おい)でアンドルーズ市長のフランク・マクラリーさんからリーさんの話を聞き、車を一台寄付することに決めた。数週間後のクリスマスの朝、リーさんの家族は彼女を玄関まで連れて行くと、玄関前のドライブウェーには1993年式の白色のオールズモビルが止められていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]