バイデン氏、8000万票獲得した初の候補者に 米大統領選

米大統領選でバイデン氏が8000万票を獲得した史上初の候補者となった/Joe Raedle/Getty Images

米大統領選でバイデン氏が8000万票を獲得した史上初の候補者となった/Joe Raedle/Getty Images

ワシントン(CNN) 2020年の米大統領選で、民主党候補のバイデン前副大統領が獲得した票数が8000万票を超えたことがわかった。バイデン氏は史上初めて8000万票を超える得票をした候補者となった。票の集計は各地で続いており、得票数がさらに増加する可能性がある。

24日夕時点でバイデン氏が獲得した票数は8001万1000票以上。共和党のトランプ大統領の得票数は7380万票以上。トランプ氏の得票数は米史上2番目の多さ。

選挙人の獲得数はバイデン氏が306人、トランプ氏が232人。大統領に当選するには270人以上の選挙人を獲得する必要がある。

世界的に流行している新型コロナウイルスへの接触を避けようと郵便による投票は今年、過去最高を記録した。専門家は、票の集計には投票日から数日かかる可能性を指摘していた。

ペンシルベニア州やネバダ州など一部の州では集計結果の認定が始まっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]