ごみ袋に未配達の郵便物、局員の自宅前で発見 米ペンシルベニア州

米ペンシルベニア州の郵便局員の自宅前で未配達の郵便物を入れたごみ袋が見つかった/KDKA

米ペンシルベニア州の郵便局員の自宅前で未配達の郵便物を入れたごみ袋が見つかった/KDKA

(CNN) 米東部ペンシルベニア州のピッツバーグ郊外で、郵便局員の自宅前に未配達の郵便物を入れた複数のごみ袋が置かれているのが見つかった。米郵政公社(USPS)の監察総監室(OIG)が捜査している。

ごみ袋は家の前の道路際に出されていた。11日に通報を受けて出動したOIGの捜査官らが発見した。

捜査官の1人がCNNに寄せたコメントによると、回収された袋には業務用郵便や大型封筒、少数の普通郵便が入っていた。当局がただちに集計し、できるだけ早くあて先に配達できるよう手配する。

この件はOIGによる捜査が完了した後、連邦検察に送られる。局員の名前は公表されていないが、無給の出勤停止を命じられたという。

隣接するニュージャージー州では先週、大量の郵便物を2カ所のごみ置き場に捨てたとして配達員(26)が起訴された。

捨てられた1875通の中には選挙の投票用紙98通も含まれていたが、その後全て配達された。配達員は有罪となった場合、禁錮5年半と罰金25万5000ドル(約2700万円)の刑を科される可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]