ズーム会議中に不適切な振る舞い、審議会メンバー解任か 米カリフォルニア州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米加州の市の審議会メンバーが、ズーム会議中に猫を映すなど不適切な振る舞い/City of Vallejo

米加州の市の審議会メンバーが、ズーム会議中に猫を映すなど不適切な振る舞い/City of Vallejo

(CNN) 米カリフォルニア州バレーホ市で、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を使って開かれた都市計画審議会の最中に、ペットの猫を放り投げたりビールを飲んだりしたメンバーの解任が検討されている。

20日にズームを通して開催された審議会では、量販店の建設計画や新型コロナウイルス感染予防の行動指針などが議題になった。会議の様子は録画され、一般市民に公開されている。

2016年から委員を務めるクリス・プラッツァー氏も自宅から出席。会議中に発言を求められた時、背景に猫の鳴き声が聞こえた。同氏は猫を抱き上げてカメラに向かって紹介した後、その猫を放り投げた。カメラの外からドサッという音が聞こえた。

同氏が会議の最中、ビールのようなものを飲む場面も映っている。終了後にだれもいなくなってから、メンバーへの不信感を示すスラングを口にした音声も記録されていた。

  
  

バレーホ市の報道担当者は声明で、プラッツァー氏の行動は市当局として容認できないと述べた。市長は市議会に、28日の次回審議で同氏の即刻解任を検討するよう求めたという。

地元紙は週末の記事で、プラッツァー氏からのメールを紹介した。同氏はこの中で「委員にふさわしくない態度だった」と謝罪し、ただちに辞任したと説明している。

一方、同報道担当者は27日午前の時点で、プラッツァー氏から正式な辞任の申し出は受けていないと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]