イルカの死骸相次ぐ、情報提供者に懸賞金 米フロリダ州沿岸

イルカの死骸がフロリダの海岸で見つかり、当局が情報提供を呼び掛けている/NOAA/FL Fish & Wildlife Conservation

イルカの死骸がフロリダの海岸で見つかり、当局が情報提供を呼び掛けている/NOAA/FL Fish & Wildlife Conservation

(CNN) 米フロリダ州の沿岸部でこの1週間に、銃で撃たれたり鋭い道具で刺されたりしたとみられるイルカ2頭の死骸(しがい)が相次いで見つかった。当局が調査に乗り出し、情報提供者に懸賞金を出す方針を示している。

米海洋大気庁(NOAA)によると、1頭目は先週末、州南部ネープルズの海岸付近で、州野生生物保護当局の生物学者らが発見した。

イルカには銃で撃たれたか、鋭い道具で刺されたような傷があり、これが原因で死んだとみられる。

さらに数日後、州北西端に位置するペンサコラの海岸で、野生生物救助施設の研究チームが2頭目の死骸を発見。体の左側に銃弾が撃ち込まれていた。

昨年5月には州東岸沖のキャプティバ島付近で、NOAA職員らが頭部に刺し傷を負ったイルカの死骸を見つけていた。

NOAAはイルカに危害を加えた者の処罰につながる情報の提供者に対し、最高2万ドル(約220万円)の懸賞金を出すとしている。

NOAAは、野生のイルカにえさをやると、イルカが人間や船をえさと結びつけるようになり、攻撃を受ける状況が起きやすくなると指摘。えさを与えないようにすれば、こうした状況を防ぐことができると呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]