子育て中の母犬、虐待現場にボランティアを案内 27歳女逮捕 米

母犬の「クローバー」とその子どもたち/Royal Animal Refuge

母犬の「クローバー」とその子どもたち/Royal Animal Refuge

(CNN) 米ジョージア州で、犬やウサギなどを死なせたり極度の栄養不良状態にさせたとして、27歳の女が動物虐待の疑いで逮捕された。保護施設のボランティア2人をこの家に連れて来たのは、10匹の子犬を育てる母犬の「クローバー」だった。

同州スポルディング郡保安官事務所によると、民家で動物6匹の死骸が見つかったことを受け、アシュリー・グレシャム容疑者(27)が動物虐待の容疑で今月13日に逮捕された。

家の中では犬1匹とニワトリ1羽、アヒル2羽、ウサギ2匹がケージに入れられて死んでいた。

発端は、やせ細った母犬が子犬たちを連れて歩いているという連絡が、地元の保護施設に寄せられたことだった。ボランティアが出向いてその場で母犬を捕獲しようとしたが、うまくいかなかった。

この時の母犬の様子について、同施設の創設者は「普通の警戒心が強い犬とは違っていた」「まるで『一緒に来て』と言うように、時々立ち止まって振り返り、ボランティアが付いてきてくれるのを待っていた」と説明する。

クローバーと子犬10匹は現在、ボランティアの家に預けられている/Royal Animal Refuge
クローバーと子犬10匹は現在、ボランティアの家に預けられている/Royal Animal Refuge

母犬に案内されてたどり付いた民家には死臭が漂っていたことから、異変を感じたボランティアが保安官事務所に通報した。

母犬は、クッションを引き裂いて10匹の子犬たちのベッドにしていた。ほかにも4匹の犬が発見され、うち1匹は骨折した脚が折れ曲がった状態で付いていたことから、この脚を切断する手術を受けた。4匹とも手当てを受け、保護施設で人に馴(な)れさせる訓練を行っている。

母犬は「クローバー」と名付けられ、子犬たちと一緒にボランティアの家に預けられて徐々に回復しつつある。子犬はおよそ5週間たてば譲渡できるようになる見通し。同施設で里親希望者の申し込みを受け付けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]