トランプ氏、ハリケーンの脅威高まる中でゴルフ

ハリケーンの脅威高まる中でゴルフ

ワシントン(CNN) 大型ハリケーン「ドリアン」が米東部沿岸地域へ接近していた今月2日、トランプ大統領が米バージニア州スターリングで経営するゴルフ場へ出掛け、プレーに興じていたことが5日までにわかった。

米ホワイトハウスのグリシャム報道官によると、トランプ氏は2日、ドリアン襲来への対応策を準備する米フロリダ州のロン・デサンティス知事(共和党)と話し合った。同ゴルフ場に数時間滞在したものの、ドリアンの動向などについては「1時間ごと」に説明を受けたとも述べた。

ただ、トランプ氏の2日早朝時点での関心事は少なくとも部分的には他の問題にあったとみられ、ツイッター上では米経済の現状を誇り、米連邦捜査局(FBI)のコミー前長官や民主党の有色系の女性議員4人など対立相手への非難を書き込んでもいた。

ドリアンについては米国立ハリケーンセンターの警告を再度転載したものの、1日以降には何らかの改まった公式文書を出してはいなかった。

トランプ氏が大統領として自ら経営するゴルフ場へ赴いたのは2日の分で227日目となった。個人的に関わる施設などで時間を過ごしたのは289日目となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]