ロシア機がまた米アラスカ沖に飛来 4日連続

ロシア機の飛来を受けてF22が派遣された

ロシア機の飛来を受けてF22が派遣された

ワシントン(CNN) 北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)の報道官は21日、ロシアの軍用機が17~20日の4日間連続で米アラスカ沖に飛来してきていると明らかにした。

直近で目撃されたのは19日遅くと20日。19日にはIL38海洋哨戒機2機、20日には核兵器を搭載可能なTu95爆撃機2機が目撃された。

NORADによれば、ロシア機は1度も米領空に進入しなかったものの、20日の接近に際してはインターセプト(進路妨害)のため米国のF22戦闘機とカナダのCF18戦闘機が派遣されたという。

スパイサー米大統領報道官は21日、記者団に「もちろん事態を把握している。特に異例の事態というわけではないが、全てを注視している」と述べた。

20日の爆撃機は、アラスカ州アンカレジの南西700カイリ(約1296キロ)の地点で防空識別圏に進入。これは17、18両日に発生したロシア機の接近に比べると、米国の海岸線から大幅に離れている。

アラスカの防空識別圏は公空上に設定されているもので、米国とカナダを取り囲んでいる。北米に向かう航空機の識別を可能にするための緩衝地帯とする狙いがある。

17日にはアラスカのコディアック島沖100マイル(約160キロ)の公空上で米国のF22戦闘機がロシアの爆撃機2機をインターセプトしていたほか、それから24時間以内にも同じ空域でロシアの爆撃機2機が発見されアラスカ沖44マイル(約66キロ)まで接近、米国の監視機が対応していた。

米国防当局者は、現実の軍事的脅威はないが頻発している状況は注視が必要だと指摘。「戦略的なメッセージがあると解釈するほかない」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]