オバマ大統領、北極海の新規掘削を無期限禁止へ

2016.12.21 Wed posted at 12:03 JST

[PR]

(CNN) オバマ米大統領は20日、北極海と大西洋の一部で石油と天然ガスの新規掘削を無期限に禁止するとの決定を下した。

ホワイトハウスによると、海洋生物などの環境を保護するのが目的で、チュクチ海の米管轄海域全域やボーフォート海の大半などが対象。1953年に制定された「外縁大陸棚法」を適用する。

カナダも同日、北極海の同国管轄海域で石油と天然ガスの開発を凍結すると発表した。

オバマ大統領はこれまでも大統領令によって北極海や太平洋、大西洋での新規掘削を制限してきた。先月には北極海の一部で今後5年間、新たな掘削権益の許可を停止すると発表していた。

しかし20日の措置はこれまでと違い、法律を無期限に適用するという形になるため、簡単に覆すことができない。過去の大統領が同法を米西海岸や東海岸に適用した例はあるが、全て期限付きの措置だった。

年明けに就任するトランプ次期大統領はオバマ大統領とは反対にエネルギー開発の推進を掲げているが、今回の措置を撤回しようとすれば法律の壁にぶつかることになる。

米石油業界はこの動きに強く反発し、米国がエネルギー生産の大きなチャンスを逃して今後何十年も外国に依存することになると主張している。業界団体「米国独立系石油協会(IPAA)」の幹部は、任期切れを1カ月後に控えた大統領が「環境過激派の要求に屈した」と非難した。

メールマガジン

[PR]