列車の進入目前、警官が線路の男性救助 米ニュージャージー州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

線路上、間一髪の救出劇

(CNN) 米ニュージャージー州で線路上に寝そべった自殺願望の男性を、列車にひかれる寸前に交通警官が救出する出来事があり、警官に称賛が集まっている。防犯カメラがその瞬間をとらえた映像も公開された。

交通警官のビクター・オーティスさんは26日午前、いつものようにセコーカス・ジャンクション駅の構内を巡回していたところ、列車内で騒ぎが起きたと連絡を受けた。

「列車の到着を待って乗り込むと、車掌が私に事情を説明する間もなく、その男性が列車を降りた」とオーティスさんは振り返る。

オーティスさんは男性を座らせようとしたが、男性は「刑務所には行かない」と言って線路上に飛び降りたという。

男性が説得に応じなかったため、オーティスさんも線路上に降り、男性を押したり両手を引っ張ったりして線路の上から動かそうとした。しかし男性は「死にたいんだ」と言い続けて動こうとしない。オーティスさんが線路上に引き込まれた瞬間もあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]