オバマ大統領と対面した106歳女性、うれしさに踊り出す

大統領に会えた喜びを全身で表現

ワシントン(CNN) オバマ米大統領とミシェル夫人はこのほど、ホワイトハウスに招かれた106歳の黒人女性と対面した。女性はうれしさのあまり踊り出し、夫妻の笑顔を誘った。

バージニア・マクロ―リンさん(106)は18日、今月が黒人歴史月間に当たる記念としてホワイトハウスを訪れた。

両腕を広げて大きな声でオバマ氏にあいさつし、つえを振り回したり踊ったりと大はしゃぎ。その様子が22日にインターネット上で公開され、人気を集めている。

「光栄だわ」と繰り返すマクロ―リンさんに、オバマ氏が「ミシェルとお会いになりますか」と尋ねた。マクロ―リンさんが「もちろん」とばかりに駆け出すと、同氏は「あわてないで」と声をかけた。

ミシェル夫人はマクロ―リンさんの年齢を聞いて驚き、「将来はあなたのようになりたいわ」とつぶやく。マクロ―リンさんは「なれるわよ」と答えた。

マクロ―リンさんは2014年から、オバマ氏に会いたいとネット上で表明してきた。動画共有サイト「ユーチューブ」には「私の生きている間に黒人が大統領になる日が来るとは思わなかった」と話す自身のビデオを投稿。ホワイトハウスのホームページへ、面会を求める嘆願書も送った。

念願かなって対面を果たしたマクロ―リンさんは、オバマ氏と手を取り合って踊り、「ホワイトハウスの中に入れるなんて思っていなかった」「本当に幸せ」と言いながら記念写真に納まった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]