子犬を殺して調理した容疑で男を逮捕 米フロリダ州

(CNN) 米フロリダ州タンパの警察は1日までに、飼い犬を殺して解体し、肉を調理したとして、動物虐待の容疑で男を逮捕したと明らかにした。

警察によると、トーマス・エリオット・ハギンズ容疑者(25)は6月27日に家族からの通報を受けて逮捕された。

駆け付けた警察官は、コンロの鍋の中で犬の肋骨部の肉が調理されているのを発見。ごみの中からは切断された頭部が見つかった。

警察によれば、殺されたのは生後5~6カ月の子犬で、ハギンズ容疑者が絞め殺した後に死骸を解体し、一部の部位は後に食用とするため冷凍庫で冷凍していたという。

残された死骸は動物管理当局が回収した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]