着陸時に絶景望める世界の空港コンテスト、1位は?

着陸時の眺望が最も美しいと評価されたアイルランドのドニゴール空港

着陸時の眺望が最も美しいと評価されたアイルランドのドニゴール空港

(CNN) 航空機が着陸する際、窓の外に絶景が広がる世界の空港コンテストの最新の投票結果がこのほど発表され、アイルランド北部沿岸部にあり岩などが目立つ狭い平地に滑走路が伸びるドニゴール空港が首位に選ばれた。

年1回のコンテストは個人チャーター機の予約などを手掛ける企業「プライベートフライ」が実施。旅行の専門家や航空ファンらが参加し、世界各地の計112空港に8500票以上が集まった。

投票結果によると、2位は英スコットランド西部アウター・ヘブリディーズにあり砂浜に着陸するバラ空港、3位はフランス・ニースのコートダジュール空港、4位はニュージーランドのクイーンズタウン空港で5位はカリブ海のオランダ領サバ島にあるファンチョ・E・ヨラウスクィン飛行場。同空港には世界で最短距離の滑走路があり、昨年のコンテストでは首位だった。

6位以下は、米フロリダ州のオーランド・メルボルン空港、カナダのビリー・ビショップ・トロントシティー空港、英ロンドンのロンドンシティー空港、カリブ海にありフランス領とオランダ領が交じるシント・マールティン島フィリップスブルフのプリンセス・ジュリアナ国際空港に米フロリダ州のマイアミ国際空港と続いた。

首位のドニゴール空港がある地域は人気映画シリーズの「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」のロケ地にもなった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]