旅行サイト番付で世界一 インドの宮殿ホテル

マハラジャの一族に話を聞く

(CNN) 世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」の2016年ホテルランキングで、インド北西部ジョードプルの宮殿を改装した豪華ホテル、ウメイド・バワン・パレスが第1位に輝いた。ジョードプルでマハラジャ(大王)を務めた一族が所有するこのホテルをCNNが取材した。

英王室は2015年に7億6000万ドルもの観光収入を稼いだが、インドでも王室の肩書が利益を生む。マハラジャの一族は、1970年代にインド政府から廃位させられ、特権を失った後観光業に転じた。

この宮殿は1928年から1943年にかけてマハラジャのウメイド・シンの私邸として建てられた。しかし、国からの収入が途絶えたシン一族は、宮殿をホテルに改装することを決断する。

「当時、王や王室はビジネスにあけくれるべきではないと考えられていた」と語るのは、ウメイド・シン氏の孫ガジュ・シン氏だ。

当初、シン一族はインド政府に宮殿敷地を「格安」で売却することを提案した。だが「結局売却せず、本当に良かった」とガジュ・シン氏は振り返る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]