ジャック・マー氏、アントの支配株主から外れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国フィンテック大手アント・グループの支配株主からジャック・マー氏が外れた/Philippe Lopez/AFP/Getty Images

中国フィンテック大手アント・グループの支配株主からジャック・マー氏が外れた/Philippe Lopez/AFP/Getty Images

(CNN) 中国フィンテック大手アント・グループは7日、同社の株主が株主構成の見直しに応じたことを受け、実業家の馬雲(ジャック・マー)氏は支配株主ではなくなると明らかにした。

アントの声明やCNNの計算によると、調整後、馬氏の持つ議決権の比率は6.2%に低下する。

2020年に証券取引所に提出されたアントのIPO(新規株式公開)目論見書によると、見直し前の時点では、馬氏は杭州雲鉑などの企業を通じて議決権の50.52%を保有していた。

アントは声明で、議決権の調整は株主構成を「より透明かつ多様化」するためのもので、株主の経済的利益には一切影響がないと述べた。

アントはまた、馬氏を含む10の主要株主は議決権行使の際に協調せず、単独で投票することに同意したと説明。従って、単独または共同でアント・グループの支配権を握る株主はいなくなるとしている。

中国当局は20年11月、アントの370億ドル規模のIPOに待ったをかけ、事業の再編を指示していた。

アント・グループは中国ネット通販大手アリババのフィンテック関連会社。両社とも馬氏が創業した。

「中国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]