エアビー、アフガン難民2万人の受け入れを表明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
民泊仲介大手エアビーアンドビーのブライアン・チェスキー最高経営責任者(CEO)/Mike Segar/Reuters

民泊仲介大手エアビーアンドビーのブライアン・チェスキー最高経営責任者(CEO)/Mike Segar/Reuters

ロンドン(CNN Business) 民泊仲介大手の米エアビーアンドビーは24日、アフガニスタンからの難民2万人に無料で滞在先を提供すると表明した。

ブライアン・チェスキー最高経営責任者(CEO)はツイッターへの投稿で、ただちに受け入れを開始すると発表。アフガンを追われて米国などへ流れ込む難民は「私たちの時代で最大の人道危機のひとつ」との見方を示し、「立ち向かう責任を感じる」と述べた。

難民の滞在費は同社が負担する。非政府組織(NGO)や、被災者らに滞在先を提供している同社設立の非営利団体「Airbnb.org」と緊密に連携して進めるという。

滞在期間や費用負担の期間には言及しなかった。

米英両国などではすでにNGOや宗教団体、地方当局がアフガン難民への支援を表明している。チェスキー氏はビジネス界もこれに続くべきだと主張し、「ほかのビジネスリーダーが行動を起こすきっかけになるよう願っている。もたもたしている時間はない」と訴えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]