ビットコインを法定通貨に採用、世界初 エルサルバドル

ビットコインが法定通貨として採用されたエルサルバドルのブケレ大統領/APHOTOGRAFIA/Getty Images

ビットコインが法定通貨として採用されたエルサルバドルのブケレ大統領/APHOTOGRAFIA/Getty Images

ロンドン(CNN Business) 中米エルサルバドルは10日までに、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを法定通貨として採用した。国の法定通貨に採用されるのは世界初。

ブケレ大統領(39)は議会にビットコインを米ドルと並び法定通貨として利用することを認める法案を提出。議会が賛成多数で可決した。

ビットコインはモノやサービスの支払い手段として使えるほか、税金の支払いにも利用できるようになる。

ブケレ氏は右派のポピュリストで、2019年に大統領に就任。デジタル金融企業と手を組んで、ビットコインの法定通貨化を補助するインフラ整備を進める方針を示したこともあった。

ブケレ氏は議会の投票前にツイッターで、ビットコインを法定通貨として使うことで、金融の包摂性や観光業、イノベーション、経済発展が促進されると投稿した。

中米の小国である同国は、新型コロナウイルス流行の影響は早期に封じ込めに成功したものの、経済的には昨年大きな打撃を受けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]