3Dプリンターで建てた家、3100万円で売りに 米NY州

3Dプリンターで建てた家がニューヨーク州で3100万円で売りに出されている/SQ4D Inc.

3Dプリンターで建てた家がニューヨーク州で3100万円で売りに出されている/SQ4D Inc.

(CNN) 米ニューヨーク州リバーヘッドで3Dプリンターによって建築された家屋が売りに出されている。不動産サイト「ジロー」では29万9999ドル(約3100万円)の値段がついている。

3Dプリンターを使った建築を手掛けるSQ4Dの幹部カーク・アンダーセンさんによれば、3Dプリンターで、家屋を早く、安く、頑丈に建築することを目指しているという。

SQ4Dは自動の建設システムを建築現場に6~8時間で設置できる。設置後は、コンクリートを1層ごとに流し込み、フーチングを作り、家の土台や内壁、外壁を作っていく。

今回の3Dプリンターで建築した家屋をリストに載せた代理人のスティーブン・キングさんによれば、リバーヘッドの新築の家屋と比較して建設費は50%安くなったほか、10倍の早さで完成したという。

SQ4Dの建設システムでは建物の土台や外壁、内壁、導管を自動で作ることができる/SQ4D Inc.
SQ4Dの建設システムでは建物の土台や外壁、内壁、導管を自動で作ることができる/SQ4D Inc.

住居面積は約130平方メートルで、寝室は3部屋、2.5台分のガレージ付き。

アンダーセンさんとキングさんによれば、今回の物件は、米国で建物使用許可証を受けた初の3Dプリンターによって建築された住宅だとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]