米サイバー軍、イランのハッカー集団に対する作戦を実行

米サイバー軍が米大統領選の対策としてイランのハッカー集団に対する作戦を実行した/GREGG NEWTON/AFP/Getty Images

米サイバー軍が米大統領選の対策としてイランのハッカー集団に対する作戦を実行した/GREGG NEWTON/AFP/Getty Images

(CNN) 米国家安全保障局(NSA)と米サイバー軍司令部(USCC)が過去2週間のうちに、イランのハッカー集団を標的とした作戦を実行したことが分かった。

米当局者が3日、CNNに語ったところによると、外国勢力による大統領選への介入を阻止する方策の一環。米紙ワシントン・ポストが最初に報じた。

イラン革命防衛隊に協力するハッカー集団は先月、米有権者らに極右団体を装った脅迫メールを送り付けていたとされる。

作戦の詳細は不明だが、米当局者の1人は2日、CNNとのインタビューで、USCCが3日の投票日を前にサイバー攻撃への警戒を強化し、監視対象をロシアだけでなくイラン、中国のハッカー集団まで広げたと指摘していた。

同当局者によると、外国勢力に対するサイバー作戦は防御、攻撃の両面で、投票締め切りの後まで続行する予定。

国土安全保障省サイバーセキュリティー・インフラストラクチャー・セキュリティー庁(CISA)の高官は記者団との会見で、警戒態勢が今後さらに1~2カ月続くとの見通しを示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]