有名人や企業の公式ツイッターに相次ぎ不正な投稿 仮想通貨詐欺狙いか

バイデン氏やオバマ氏らのツイッターアカウントがハッキングされ詐欺狙いのツイートが投稿された/Getty Images/AP

バイデン氏やオバマ氏らのツイッターアカウントがハッキングされ詐欺狙いのツイートが投稿された/Getty Images/AP

サンフランシスコ(CNN Business) 米短文投稿サイトのツイッターで15日、米国のジョー・バイデン前副大統領やマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏といった有名人や、アップルなどの企業の公式アカウントが何者かにハッキングされ、仮想通貨詐欺を狙ったと思われるツイートが投稿された。

ほかにも米国のバラク・オバマ前大統領、実業家のイーロン・マスク氏、ラップ歌手のカニエ・ウエスト氏と妻のキム・カーダシアン・ウエスト氏、著名投資家ウォーレン・バフェット氏、アマゾン創業者のジェフ・ベソス氏、前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏といった有名人の公式アカウントが被害に遭い、ビットコインを通じて寄付を呼びかける内容の投稿が掲載された。

ゲイツ氏の公式ツイッターには、「誰もが私に還元するよう求めている。今こそその時だ。これから30分間、私のビットコインアドレスに送金された金額は、すべて2倍にする。あなたが1000ドル送金してくれれば、私はあなたに2000ドルを返す」という内容が書き込まれた。

ビル・ゲイツ氏のアカウントから何者かによってツイートされた投稿/Twitter
ビル・ゲイツ氏のアカウントから何者かによってツイートされた投稿/Twitter

ゲイツ氏の広報はこのツイートについて、ゲイツ氏本人が投稿したものではないことを確認した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]