モバイル国際見本市MWC、新型ウイルスの影響で中止に

新型肺炎の感染拡大を懸念し、モバイル見本市が中止となった/Josep Lago/AFP/Getty Images

新型肺炎の感染拡大を懸念し、モバイル見本市が中止となった/Josep Lago/AFP/Getty Images

ロンドン(CNN Business) スペインのバルセロナで開かれる予定だったIT業界のビッグイベント「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」が、新型コロナウイルス流行の影響で中止に追い込まれた。

今年のMWCをめぐっては、新型ウイルスの流行が広がり続ける中で、大手数十社が出展見送りを発表していた。

MWCを主催する業界団体のGSMAは12日、「バルセロナとホスト国の安全と衛生環境に配慮して、MWCバルセロナ2020を中止した。コロナウイルスの流行や渡航不安といった状況の中で、同イベントを開催することは不可能になった」と発表した。

今年のMWCは今月24~27日までバルセロナで開かれる予定だった。同イベントには例年、10万人以上が参加し、大手を含む2400社あまりが新製品や新技術を披露していた。

GSMAはこれまでMWCは予定通り開くと説明し、今月9日の時点では、参加者の健康状態のチェックや会場の消毒を行い、直前の2週間に中国への渡航歴がある人の入場は認めないと発表していた。

しかし12日までに、アマゾンやエリクソン、フェイスブック、ソニー、インテル、シスコ、LG、ノキアといった業界大手が相次いで不参加を表明。特に、次世代通信規格「5G」機器を手がける欧州の大手ノキアとエリクソンが欠けたことは、大きな痛手だった。

新型コロナウイルスの影響は世界中のビジネスに及んでいる。アジアではイベントの中止や延期、会場の変更が相次ぎ、上海で4月19日に開催予定だった自動車レースのF1も延期になった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]