「ディズニー+」の加入者数、開始3カ月で2860万人に

「ディズニー+」の加入者数が2860万人に達した/Ivan Marc/Shutterstock

「ディズニー+」の加入者数が2860万人に達した/Ivan Marc/Shutterstock

ニューヨーク(CNN Business) 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーが昨年11月に開始した動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」の加入者数が3000万人に達する勢いを見せていることがわかった。ディズニーが4日、明らかにした。

ディズニーが発表した2019年10~12月期決算によれば、同四半期の加入者数は2650万人と市場の予測を上回った。

ディズニーのアイガー最高経営責任者(CEO)によれば、加入者数は今年に入っても伸び続けており、2月3日時点での人数は2860万人だという。

ディズニー+は昨年11月12日にサービスを開始。ディズニーが擁する豊富なコンテンツと月額6.99ドル(約760円)という手ごろな価格が特徴。ディズニーは2025年までに世界全体で加入者数を6000万人から9000万人獲得すると計画している。

決算も好調で、19年10~12月期の売上高は前年同期比36%増の208億ドルだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]