人工知能、ゲーム「Dota 2」でプロプレーヤーに勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オープンAIは、起業家のイーロン・マスク氏が支援する団体

オープンAIは、起業家のイーロン・マスク氏が支援する団体

ニューヨーク(CNNMoney) 人工知能(AI)研究の非営利組織「オープンAI」が開発したAI(人工知能)ロボットが、米シアトルで開かれたゲームの世界選手権でプロの強豪プレーヤーに圧勝し、ゲーム界を驚かせている。

オープンAIはテスラやスペースXを経営する起業家のイーロン・マスク氏が支援する団体で、「責任ある」AI開発を目標に掲げる。AIについてマスク氏は以前から、無責任な開発が進めば人類の死につながると警告。12日のツイッターでは、「危険は北朝鮮より大きい」と指摘していた。

研究チームは無害なAI利用を実験する目的で、AIロボットにオンラインマルチプレイヤーバトルゲーム「Dota 2」のプレー方法を学習させた。

同ゲームでは「ヒーロー」と呼ばれるキャラクターを使ってバトルを展開し、「エンシェント」と呼ばれる敵の本陣を破壊したチームが勝利する。

AIロボットは自らの複製と対戦させることによってスキルを高めさせ、世界最強のDota 2のプレーヤーに匹敵するレベルにまで鍛え上げて、7日から開幕したDota 2の世界選手権に出場させた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]