「アップルウオッチ」にヒットが期待できない理由

アップルの新製品「アップルウオッチ」=同社提供

アップルの新製品「アップルウオッチ」=同社提供

(CNNMoney) 米アップルが間もなく発売するスマートウオッチ「アップルウオッチ」は数百万台は売れるだろう。アップルの熱心なファンは、どんな製品であってもとにかく行列する。アップルウオッチの値段は349ドル(約4万円)。「わずか」300万台売れるだけで、売り上げは10億ドル(約1170億円)に達する。

だが要点はそこではない。アップルは売り上げのほぼ70%をiPhoneから得ていて、iPadの売り上げは落ち込んでいる。1つの主力製品への依存度を減らすためには新製品が必要だ。

だが同社はアップルウオッチにその役割を期待していない。

同社自ら投資家の期待を抑えようと、決算報告ではアップルウオッチをiPodやApple TVなどと一緒に「その他」に分類した。従ってよほどの売り上げを達成しない限り、アップルウオッチの販売台数について詳しい発表は期待できない。

アップルウオッチが即座にヒットするとアップルが思っていない理由は以下の通り。

350ドルという値段

わずかに利便性が高まるだけという製品に払う金額としては相当高い。アップルウオッチにiPhone以上の機能はほとんどない。ただiPhoneの一部機能が手首の上で使えるというだけだ。

ウェアラブル端末がヒットしないのは、価格に見合うだけの機能がないという理由による。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]