「米情報機関が中国をハッキング」 機密暴露のスノーデン氏

スノーデン氏はNSAが世界中のコンピューターネットワークをハッキングしていると主張

スノーデン氏はNSAが世界中のコンピューターネットワークをハッキングしていると主張

香港(CNN) 米国家安全保障局(NSA)のネット監視活動を暴露したエドワード・スノーデン氏(29)が12日、NSAは何年も前から中国本土や香港をはじめとする世界中のコンピューターネットワークをハッキングしていると語った。香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

スノーデン氏の話として同紙が伝えたところでは、NSAの標的は6万1000件に上り、このうち中国のコンピューターが数千件を占めるという。

NSAによるハッキングの標的には香港の中文大学や公務員、学生などが含まれるほか、中国本土の標的をハッキングしていたことを示す文書もあると同紙は伝えている。

モーニングポスト紙はスノーデン氏から文書の提供を受けたものの、それが本物かどうかは確認できず、米国が2009年以来、香港と中国本土のネットワークをハッキングしているという証言についても裏付けは取れなかったとしている。

米政府はこれまで、米国の軍事ネットワークや商用ネットワークを狙った中国発のサイバー攻撃が多発していると非難していた。一方、中国側は米国に対する攻撃を否定したうえで、中国は米国からのハッキング被害に遭っていると主張。今回のスノーデン氏の証言により、中国側のこの主張の信憑(しんぴょう)性が強まったともいえる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]