Arts

「くまのプーさん」原作本の地図原画、6300万円で落札

「くまのプーさん」原作本の地図原画

「くまのプーさん」原作本の地図原画

児童文学「くまのプーさん」の原作本に描かれていた地図の原画がサザビーズのオークションに出品され、本の挿絵としては史上最高額の43万ポンド(約6300万円)で落札された。

この地図「100エーカーの森」は、1926年にE・H・シェパードによって描かれた。サザビーズは5月にオークションの開催を発表した時点で、10万~15万ポンド(約1500万円~2200万円)の価値があると推定。公の場に出るのは50年ぶりで、「児童文学では恐らく最も有名な地図」と形容していた。

地図は裏表紙に描かれ、子どもたちが本の中で出会うくまのプーさんと仲間たちの冒険の舞台を紹介している。主要キャラクターの少年クリストファー・ロビンが描いたという設定で、下部には「ぼくが描いてシェパードさんに手伝ってもらった」と記載。エーカーを「aker」、ピクニックを「piknicks」とつづるなどのスペルミスもある。

地図に登場するコンパスには、東西南北の文字の代わりに、プーさんを表す「POOH」の4文字があしらってある。

100エーカーの森はロンドン南部にあるアッシュダウンの森がモデルになった。1966年のディズニー映画「プーさんとはちみつ」のオープニングにもこの地図が使われていた。

原画はシェパードによって1926年に売却され、これまで個人が所蔵していた。

サザビーズのオークションでは、ほかにもシェパードが描いたプーさんの挿絵数点が出品された。価格は6万~12万ポンド(約800万~1770万円)と推定されている。

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]