初の民間ティルトローター機、米FAAの認証取得へ ヘリと飛行機の長所兼備

初の民間ティルトローター機の開発が進められている/Leonardo

初の民間ティルトローター機の開発が進められている/Leonardo

(CNN) ヘリコプターのように空中で静止する一方、飛行機のように高速で遠くまで飛行する――。その名はティルトローター機。軍では既に長年にわたる運用実績がある。

そんなティルトローター機としては史上初めて民間用の量産モデルが認証を取得する見通しとなっている。用途は救急救命や捜索救助活動、会社役員の移動などだ。

報道によると、マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長も関心を表明した。ブルームバーグ氏のような人物は自宅近くでティルトローター機に乗り込み、時速480キロを超えるスピードで数千キロ離れた会合の場所に移動し、約3時間後には会場のヘリパッドに着陸できる。空港も必要ない。

臓器提供の過程でも貴重な時間を節約できそうだ。

例えば、病院のヘリパッドでドナーの心臓を受け取り、1600キロ超離れた病院に直接輸送する。空港に立ち寄ることはない。

捜索救助活動にも応用が期待できそうだ。低空飛行する捜索機は地上の人を発見できるが、安全な場所への搬送にはヘリの到着を待たねばらない。ティルトローター機なら捜索と搬送の両方をこなすことで時間を節約でき、人命救助につながる場面も考えられる。

世界初となる量産型の民間ティルトローター機は米国で開発が進んでいる。製造を手掛けるのはイタリアの航空防衛大手レオナルドだ。

機体の名称は「AW609」。全てが順調に進めば年内にも米連邦航空局(FAA)の認証を取得し、来年のどこかの時点で就航する見通しだ。

レオナルド・ヘリコプターズの役員、ジャンピエロ・クティーロ氏は米アトランタの業界会合でCNNの取材に応じ、AW609について「技術的な観点から見れば画期的だ」と話した。

AW609の定員は乗客9人と乗員2人で、主翼の両端にあるターボプロップエンジンで飛行する。各エンジンはホバリングや着陸、離陸、巡航飛行といった場面に応じて上下に向きを変える。

世界初の量産型ティルトローター機である米軍のV22オスプレイとは異なり、AW609は与圧された客室を備える。これにより上空約7600メートルでの飛行が可能となり、悪天候でも雲のはるか上空を飛ぶ。

オスプレイと同様、AW609の開発も悲劇に見舞われた。オスプレイは1992年と2000年に死亡事故を起こして評価が低落。AW609の試作機も15年の試験飛行中に墜落し、操縦士2人が犠牲になった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]