EVトラック用の「eハイウエー」、ドイツで運用開始

電車のような仕組みを通じトラックに電力を供給するシステムの運用がドイツで始まった/Silas Stein/picture alliance via Getty Images

電車のような仕組みを通じトラックに電力を供給するシステムの運用がドイツで始まった/Silas Stein/picture alliance via Getty Images

ロンドン(CNN Business) 高速道路に高架線を張り、電気自動車(EV)トラックに電力を供給する「eハイウエー」システムの運用が、ドイツのフランクフルト近郊で始まった。

ドイツ政府の発表によると、フランクフルト空港と近くの工業団地を結ぶ10キロの区間が7日に開通した。

独シーメンスがシステムを構築し、ドイツ政府が7000万ユーロ(約86億円)をかけて専用のトラックを開発した。

トラックは上部の特殊な装置を通して電力を受け取り、最大時速90キロで走行する。一般道ではハイブリッド車として走り、高架線が使える道路をセンサーで感知する。

シーメンスによると、eハイウエーは鉄道のエネルギー効率とトラックの利便性を兼ね備えた輸送手段と位置付けられ、温室効果ガスの排出量も大きく減らすことができる。燃料費の節減効果は10万キロ当たり2万ユーロに及ぶとされる。

既存の道路網に組み込む形で設置することができ、ドイツでは近くさらに2カ所で運用が始まる予定だ。

トラック輸送は石油需要の伸びが最も速い分野とされ、2050年までに世界で増加する二酸化炭素(CO2)排出量の15%を占めると予想されている。eハイウエーのようなプロジェクトは鉄道の活用やEVの普及と並び、排出量削減に大きく貢献することが期待される。

ドイツのほかにスウェーデンや米ロサンゼルス近郊でも、同様の技術を使った小規模な試験が実施されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]