人類祖先の直立歩行、きっかけは恒星の爆発? 落雷増加で森消滅か

恒星の爆発のイメージ図。星の爆発が最終的に人類の直立歩行への移行を促した可能性があるとの研究結果が発表された/NASA

恒星の爆発のイメージ図。星の爆発が最終的に人類の直立歩行への移行を促した可能性があるとの研究結果が発表された/NASA

(CNN) 現生人類の祖先が樹上生活から直立歩行に移行したのは、恒星の爆発がきっかけとなった可能性がある――。そんな研究結果がこのほど発表された。

これによると、爆発により大量の宇宙エネルギーが地球の大気に注いだ結果、落雷が増加した可能性がある。落雷で相次ぐ山火事が発生し、木に覆われていた森は開けた草原に変わったとみられている。

超新星爆発がピークを迎えたのは260万年前だが、早くも800万年前には宇宙エネルギーが地球に降り注いでいた。

こうした宇宙エネルギーの放出により、大量の電子が流入した下層大気は帯電した。研究者によると、これが引き金となって雲から地上への落雷が増加し、世界中で森林火災が起きた可能性があるという。

今回の研究結果は27日の「ジャーナル・オブ・ジオロジー」に発表された。

論文の執筆に当たったカンザス大学名誉教授のアドリアン・メロット氏は「この出来事の前から既に、ホミニンによる2足歩行の傾向は一部で存在していたと考えられている」としつつも、「草原での生活に移行してからは、木から木へと草地を歩いて移動しなければならない場面が増え、直立歩行が上達した」と指摘する。

こうした超新星爆発の証拠は海底の鉄鉱床の形で残されており、鉄鉱床の分析により爆発の年代や起源の特定が可能になる。

山火事の広がりの証拠としても、超新星爆発と同時期の土壌から炭素堆積(たいせき)物が見つかっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]