体重40キロの8歳男児、314キロのサメ釣り上げる 豪州沖

豪シドニーの沖合で、体重40キロの8歳男児が314キロのイタチザメを釣り上げた/Cameron Spencer/Getty Images

豪シドニーの沖合で、体重40キロの8歳男児が314キロのイタチザメを釣り上げた/Cameron Spencer/Getty Images

(CNN) オーストラリアの沖合でこのほど、父親と釣りをしていた体重40キロの8歳男児が、314キロのイタチザメを釣り上げた。世界新記録となる可能性もある。

CNN系列局ナイン・ニュースによると、ジョナサン・ミラウロさんと息子のジェイデン君は先週、ニューサウスウェールズ州シドニーの南約160キロの沖合でサメに遭遇した。

ミラウロさんはナイン・ニュースの取材に「ボートでサメを見つけた瞬間から、アドレナリンが大量放出されていた」と振り返る。

体重40キロのジェイデン君は、15キロの釣り糸でサメを引き上げることに成功。この間、ボートに同乗していた男性の1人がジェイデン君のハーネスをつかんでいた。

Pending World Aust & NSW record 314kg to Port hacking smallfry Jayden congratulations to team undertaker

Sydney Game Fishing Clubさんの投稿 2019年10月4日金曜日

ナイン・ニュースによると、ジェイデン君は地元の釣りクラブの最年少メンバーで、生後1歳6カ月で初めて釣りを学んだ。今回のサメはこれまでで最大の獲物だ。もっとも、岸に戻って重さを量ってみるまでは大きさにぴんとこなかった。

国際ゲームフィッシュ協会の年少部門の記録では、イアン・ヒッセイさんが1997年に捕まえたイタチザメが312キロで最大。ジェイデン君が新記録を樹立するためには公式認定を受ける必要がある。

イタチザメはこの海域で最も大きな部類のサメで、体重は最大680キロに上る。オーストラリアでは保護種に指定されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]