ゾウアザラシの群れ、カリフォルニアのビーチを占拠 政府機関閉鎖の影響で

米加州の国定海岸に60頭ほどのゾウアザラシが住みついた/KPIX

米加州の国定海岸に60頭ほどのゾウアザラシが住みついた/KPIX

(CNN) 米カリフォルニア州北部にある観光ビーチが、米政府機関の閉鎖が続いた影響でゾウアザラシの群れに占拠され、住民らの立ち入りができなくなっている。ゾウアザラシはビーチに寝そべってくつろいだ様子を見せており、当面立ち退く気配はない。

ゾウアザラシに占拠されたドレイクスビーチは、サンフランシスコ北部のポイントレイズ国定海岸にある。アザラシを追い払っていた職員が政府機関閉鎖の影響でいなくなったため、約60頭がフェンスを乗り越えてビーチに侵入した。

政府機関の閉鎖が解除され、公園が再開された後も、当局はアザラシを驚かせないよう、ビーチへの立ち入りを禁止し、地元住民にも近付かないよう呼びかけている。

米国立公園局の広報はCNN系列局KPIXに対し、「こんなにたくさんのアザラシをここで見たのは初めて」「時々困ったアザラシはいたものの、これほどではなかった」と困惑した様子。

ビーチに住み着いたゾウアザラシには子どもも生まれている。これまでに35~45匹ほどがビーチで誕生し、これから数カ月の間、母親に育てられるという。

ゾウアザラシは毎年海岸に上陸して子どもを産み育てる。1900年代初頭には乱獲のため野生の個体数が1000頭ほどに減り、絶滅の危機にさらされていたが、近年では保護対策によって世界で推定150万頭にまで回復した。

35日間に及んだ政府機関の閉鎖では、ポイントレイズ国定海岸への立ち入りが規制されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]