英サッカー・プレミアリーグ、米実業家へのチェルシー売却を承認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英プレミアリーグがチェルシーの売却を承認した/Justin Tallis/AFP/Getty Images

英プレミアリーグがチェルシーの売却を承認した/Justin Tallis/AFP/Getty Images

(CNN) サッカーの英イングランド・プレミアリーグは24日、米実業家のトッド・ベーリー氏が率いるグループへのチェルシー・フットボール・クラブの売却を理事会が承認したと発表した。

50億ドル(約6345億円)を超えるこの取引は、英政府の承認を受ける必要がある。

「プレミアリーグ理事会は、トッド・ベーリー氏率いるクリアレイク・コンソーシアムによるチェルシー・フットボール・クラブの買収案を本日承認した」と同リーグは声明で述べた。

同クラブの現在のオーナーは、ロシアのオリガルヒ(新興財閥)のロマン・アブラモビッチ氏。ロシアのウクライナ侵攻を受け、同氏は英政府からの制裁対象となり、資産を凍結されている。

アブラモビッチ氏は3月上旬に「クラブにとって最大の利益」としてチェルシーを売りに出した。

プレミアリーグの声明には、ベーリー氏が理事会の「プレミアリーグのオーナー・取締役テスト」に合格したと記されている。

ベーリー氏は、米大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャース、米プロバスケットボール(NBA)のロサンゼルス・レイカーズ、米女子プロバスケットボール(WNBA)のロサンゼルス・スパークスの株式を所有している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]