映画のチケット、ビットコインで購入可能に 米映画チェーン大手AMC

ニューヨーク市内のAMC映画館のポスター前を通り過ぎる人/Jeenah Moon/Bloomberg/Getty Images

ニューヨーク市内のAMC映画館のポスター前を通り過ぎる人/Jeenah Moon/Bloomberg/Getty Images

香港(CNN Business) 米映画館チェーン大手のAMCが、米国でのチケットや飲食の購入について、暗号資産(仮想通貨)の「ビットコイン」での支払いを年内にも開始する方針を明らかにした。

AMCのアダム・アーロン最高経営責任者(CEO)は「わたしは過去6カ月間にブロックチェーンや暗号通貨について、それまでの丸10年で学んだことよりも多くのことを学ぶ必要があった」と述べた。

アーロンCEOは、AMCが新たに急成長している暗号通貨の世界にどのように参加するのか調査を行っており、潜在的な商機に関心を寄せていると述べた。

アーロンCEOによれば、「グーグルペイ」や「アップルペイ」といった電子決済サービスにも対応するという。

暗号資産はより主流になりつつあり、事業への組み込みを模索する企業の数も増えつつある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]