強い倦怠感、味覚や嗅覚の喪失 トム・ハンクスさん夫妻を襲った新型ウイルスの症状

トム・ハンクスさん夫妻が新型コロナウイルス感染症に苦しんだ際の状況を語った/Tristan Fewings/Getty Images

トム・ハンクスさん夫妻が新型コロナウイルス感染症に苦しんだ際の状況を語った/Tristan Fewings/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルス感染症(COVID―19)のため、妻のリタ・ウィルソンさんとともにオーストラリアの病院で一時隔離されていた米俳優のトム・ハンクスさんが、このほどラジオ番組に出演し、強い倦怠(けんたい)感に襲われた当時の病状を振り返った。

ハンクスさん夫妻は先月、オーストラリア滞在中に新型コロナウイルス感染症と診断され、クイーンズランド州の病院に入院した。ハンクスさんの症状は、ウィルソンさんほどは悪化しなかったものの、「12分(の運動)で疲れ果て、病院のベッドに横になってただ眠った」という。

「私は床の上で簡単なストレッチと運動をしようとしただけなのに、半分もできなかった。医師は眼鏡越しに私を見て、まるで世にも頭が悪い人間に話しかけるような様子で言った。『あなたはCOVID―19ですから』」(ハンクスさん)。

妻のウィルソンさんは、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」のために嘔吐(おうと)がひどく、一時は歩くことさえできなかったという。

ハンクスさんによると、「妻は私より高熱があり、ほかの症状もあった。味覚や嗅覚を失って、食べる楽しみが一切なくなった。吐き気があまりにひどく、ベッドから施設まで床を這(は)って行かなければならないほどだった」

ウィルソンさん自身も先に出演したCBSの番組の中で自身の病状に触れ、「ひどい痛みがあって、不快感が強く、触れられたくなかった。それから熱が出始めた」と証言。38度台の高熱があり、「それまで経験したことのない悪寒」に襲われたと話していた。

2人はその後、無事に回復して、3月下旬に米ロサンゼルスの自宅に戻っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]