510億円のダビンチ絵画、落札者がついに判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
史上最高額で落札されたダビンチの絵画の購入者がついに判明した

史上最高額で落札されたダビンチの絵画の購入者がついに判明した

ドバイ(CNNMoney) 1カ月前に絵画作品として史上最高額の4億5030万ドル(約510億円)で競り落とされたレオナルド・ダビンチの絵画「サルバトール・ムンディ」の落札者が、ようやく判明した。

アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ文化観光局は11日、同局がこの作品を購入していたことを確認した。

同作品は、米ニューヨークで11月15日に開かれたクリスティーズのオークションで落札された。しかしこの時点で、落札者は公表されていなかった。

その後、アブダビにある美術館「ルーブル・アブダビ」で同作品が展示されることが判明。しかし所有者は明かされず、一層の憶測を呼んでいた。

米紙ニューヨーク・タイムズは、同作品を落札したのはサウジアラビアのムハンマド皇太子に近いバデル王子だったと報道。これについてサウジアラビアは、バデル王子はUAEのための仲介役を果たしたと説明している。

在米サウジ大使館によれば、バデル王子はルーブル・アブダビの後援者として11月8日のオープニング式典に出席。その後アブダビ文化観光局から、同作品の購入を仲介してほしいと依頼されたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]