公開迫るスター・ウォーズ最新作、過去最大級のヒットを予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

M・ハミル、SW共演のC・フィッシャーを語る

ニューヨーク(CNNMoney) 人気映画「スター・ウォーズ」のシリーズ最新作「最後のジェダイ」の公開が、米国の14日夜に迫った。2015年に公開された前作「フォースの覚醒」に続き、ファンや映画業界の間では期待が高まっている。

事前の予想によると、興行収入は最初の週末で1億9000万~2億1500万ドル(約216億~244億円)に達する見通し。予想通りになれば、オープニング時としては史上最大級のヒットとなる。

「これほど関心が高く、秘密の多い映画は、うわさに流されやすい。スター・ウォーズのように膨大で主張の強いファン層をもつ作品の場合はなおさらだ」。映画評論家のショーン・ロビンズ氏はそう解説する。

最後のジェダイは、マーク・ハミル演じるルーク・スカイウォーカーや、デイジー・リドリー演じるレイなどのキャラクターが登場。レイア姫として出演したキャリー・フィッシャーは昨年12月に死去し、これが最後の出演作となった。

前作のフォースの覚醒は最初の週末で2億4800万ドルと映画史上最大の興行収入を記録、世界での収入は20億ドルを突破した。昨年公開されたスピンオフ作品「ローグ・ワン」の世界興行収入も10億ドルを超えている。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「Entertainment」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]