FIFA幹部らを逮捕、汚職容疑 スイス

2018年と22年のW杯開催地決定を巡る不正疑惑で、FIFA倫理委員会は不正はなかったと結論づけていた

2018年と22年のW杯開催地決定を巡る不正疑惑で、FIFA倫理委員会は不正はなかったと結論づけていた

CNNの情報筋によると、逮捕者の中にはウェブ副会長も含まれている。ブラッター会長は逮捕されなかったものの、捜査の対象になっているという。

FIFAはこれまで何年間にもわたって汚職捜査の対象となりながら、幹部らの関与を否定してきた。

2018年ロシア大会と22年カタール大会の開催地決定をめぐる疑惑では、FIFA倫理委員会が昨年末、不正は見つからなかったとの結論を発表している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]