ローマ法王の「iPad」、363万円で落札

フランシスコ法王

フランシスコ法王

(CNN) 南米ウルグアイの競売企業「カステル」は16日までに、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が以前に保有していた米アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)」が競売に出品され、3万500米ドル(約363万円)で落札されたと報告した。

この端末の背面にはスペイン語とイタリア語で法王の尊称と「バチカンのインターネット・サービス」の文字が刻まれている。キーボードと、法王の個人秘書がサインした証明書も一緒に出品されたという。

競売に付された経緯は伝えられていないが、売上金はウルグアイの首都モンテビデオにある学校に寄贈される。

フランシスコ法王の私物などが競売に出されたのは今回が初めてではない。昨年にも贈り物だった米国製の大型オートバイ「ハーレーダビッドソン」を寄贈したことがある。

このバイクは競売に出され、通常の販売価格の10倍以上である28万4000ドルで落札されていた。また、法王の署名が入ったハーレーダビッドソンのジャケットは約6万8000ドルの値段で引き取られていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]