ディズニー、初のラテン系プリンセス「エレナ」を発表

ディズニーが多様なラテン文化・伝統からヒントを得た新プリンセス「アバローのエレナ」を発表=同社提供

ディズニーが多様なラテン文化・伝統からヒントを得た新プリンセス「アバローのエレナ」を発表=同社提供

(CNN) 米ディズニーは29日、「多様なラテン文化・伝統」からヒントを得た16歳の新プリンセス「アバローのエレナ」を発表した。

この新キャラクター「エレナ」は来年、ディズニーの幼児向け専門チャンネル「ディズニージュニア」で放送されている2~7歳の幼児を対象としたアニメ番組「ちいさなプリンセス ソフィア」に登場する。また2016年には、ディズニー・チャンネルやディズニージュニアで、エレナが主役のスピンオフ作品が放送される。声優は、ディズニー傘下の家族向けチャンネル、ABCファミリーの番組「ヤング&ハングリー」に出演するエイミー・キャレロが務める。

ディズニーは2012年秋、「ちいさなプリンセス ソフィア」のプロデューサーが、同番組の主役はラテン系女性と発表し、その後、ディズニージュニアの幹部らが、主役であるプリンセスの民族性が誤って伝えられたとし、「われわれの番組に登場するすべてのキャラクターは、さまざまな文化や民族の要素を反映したファンタジーの世界の人々で、現実世界の文化を象徴するキャラクターは登場しない」と付け加えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]