映画スター・ウォーズ第7作、監督はJ・J・エイブラムス氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
J・J・エイブラムス監督

J・J・エイブラムス監督

(CNN) 米ウォルト・ディズニーは28日までに、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」の第7作の監督がJ・J・エイブラムス氏に正式決定したことを明らかにした。

第6作までを手掛けたジョージ・ルーカス監督の映画会社、米ルーカス・フィルムをディズニーが買収してから、初のスター・ウォーズ作品となる。ルーカス・フィルムのキャスリーン・ケネディ社長とともに、ブライアン・バーク氏がプロデューサーとして参加する。

エイブラムス氏は2009年の「スター・トレック」の監督を務め、11年の「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル」の製作に携わった。人気テレビドラマ・シリーズも多数手掛けている。

ルーカス氏はエイブラムス氏の起用について「理想的な人選だ」とするコメントを発表した。

エイブラムス氏は「スター・ウォーズ物語の次なる章にかかわれることは最高の栄誉だ。ルーカス監督には子ども時代よりもさらに深く感謝している」と話した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]