写真特集:上海からLAまで5時間? 超音速機の開発

超音速飛行による衝撃波の問題は、改良されたデザインでより緩やかになる見込み。米国上空では現在、地上の住民への配慮で超音速飛行が禁じられている。デザインはピノキオの鼻のような形状で、大きな翼が特徴

超音速飛行による衝撃波の問題は、改良されたデザインでより緩やかになる見込み。米国上空では現在、地上の住民への配慮で超音速飛行が禁じられている。デザインはピノキオの鼻のような形状で、大きな翼が特徴

上海からロサンゼルスまで約5時間、東京からサンフランシスコなら5時間半――。アジアと米国を従来の飛行時間の半分で結ぶ超音速旅客機の開発に、新たな期待が集まっている。開発を進める米ブーム・テクノロジーズの取り組みを画像で見る。画像は同社提供

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]