写真特集:800年前の沈没船に「宝の山」

樹脂や象牙は痛みがひどかったが、コルク状の付着物を取り除くと、まだ光沢があり甘い香りがしたという

樹脂や象牙は痛みがひどかったが、コルク状の付着物を取り除くと、まだ光沢があり甘い香りがしたという

インドネシア沖のジャワ海に沈んだ800年前の難破船から見つかった何千点もの高級品について、米シカゴにある自然史フィールド博物館の研究チームが16日、詳しい調査結果を学会誌に発表した

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]