米軍が少女から奪った誕生日ケーキ、77年を経て「返還」 イタリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誕生日ケーキ、77年を経て「返還」

(CNN) 米軍がこのほど、イタリア北東部ビチェンツァで、90歳になる女性に新しいバースデーケーキを届ける式典を行った。ちょうど77年前のこの日、同地で交戦していた米兵は、この女性の13歳の誕生日のために母親が作ったケーキを食べてしまっていた。

米軍の公式サイトによると、4月28日にビチェンツァの公園で行われた式典で、ピーター・ウォリス軍曹とマシュー・ゴムラック大佐は、白いデコレーションで覆ってフルーツを載せたバースデーケーキをメリ・ミオンさんにプレゼントした。翌29日はミオンさんの90歳の誕生日だった。

77年前の1945年4月28日、米軍の第88歩兵師団はビチェンツァでドイツ軍と戦っていた。

当時10代だったミオンさんは、自宅の農場近くでドイツ軍が行った砲撃を受け、母親と一緒に屋根裏に身を隠した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]