王亜平氏が船外活動、中国の女性宇宙飛行士として初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神船13号の乗組員3人が出発式で手を振る=10月15日、酒泉衛星発射センター/CCTV/AFP/Getty Images

神船13号の乗組員3人が出発式で手を振る=10月15日、酒泉衛星発射センター/CCTV/AFP/Getty Images

管制室が公開した動画の中で、王氏は船外に出た直後、地球の観客に向かって手を振り、素晴らしい気分だと語った。

王氏は、宇宙に行った中国人女性としては2人目。劉洋氏が2012年に「神舟9号」で中国人女性としては初めて宇宙を訪れていた。

国営メディアやCMSAは王氏の業績を強調した。王氏以前に船外活動を行った女性は世界的にみても15人にとどまっている。女性で初めて船外活動を行ったのはソ連時代の1984年のスベトラーナ・サビツカヤ氏。それ以降、船外活動を行った女性の大多数は米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]