身動きの取れない巨大ウシマンボウを発見、体重計が壊れそうに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身動きの取れない巨大ウシマンボウを発見

(CNN) モロッコ北部に隣接するスペインの飛び地セウタの沖合で、身動きの取れなくなった巨大なウシマンボウが見つかった。あまりの重さに、1000キロまで計測できる体重計が壊れそうになる程だった。

セビリア大学のエンリケ・オスタレ氏によると、研究者らはこのマンボウの体重が1800キロを超える可能性もあるとみている。

体長も約2.9メートルに上り、自由な状態にするにはクレーン2台が必要だったという。

研究者らは1000キロまで計測できるはかりで体重を測定したが、個体の重みでほとんど壊れそうだったと、オスタレ氏は振り返る。

オーストラリア博物館の説明によると、ウシマンボウは世界最大の硬骨魚。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]