「玩具見に来て」 可愛すぎる4歳児の緊急通報、NZ警察が対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現場に駆けつけたカート巡査と男の子/from New Zealand Police

現場に駆けつけたカート巡査と男の子/from New Zealand Police

(CNN) ニュージーランドの警察は即座に行動を起こし、4歳の男の子の自宅に駆け付けた。男の子の言うクールな玩具を確認するために――。

警察は、男の子とのやり取りの内容をフェイスブックで公開した。「あまりに可愛かったので、共有せずにはいられなかった」とコメントしている。

111番の緊急通報は異例の会話で始まった。通報の内容を尋ねるオペレーターに対し、男の子は「おまわりさん、話してもいい?」と尋ね、「見てもらいたいおもちゃがあるの」と告げた。

「私のためのおもちゃがあるの?」と聞き返したオペレーターに、男の子は「ここへ見に来て!」と訴えている。

それからしばらく間があって、電話に出た大人がオペレーターに、緊急事態は起きていないことを確認した。

この電話の後、警察は「おもちゃを見せたがっている4歳児がいる」という通信指令を発出。対応できる警官がこの住所の近くにいるかどうか尋ねると、すぐに1人の警官が「近くにいます。私が対応します」と応じた。

  
      

対応したカート巡査は、男の子が「クールなおもちゃ」を持っていたことを確認した。さらに男の子をパトカーに案内して、青いライトを点灯させて見せた。

警察はフェイスブックへの投稿で、「南部地区警察のカート巡査はこの子どもの家を訪問し、たくさんのおもちゃを見せてもらいました」「巡査はまた、この子どもや両親と対話して、111は緊急時のみ使用することを教えました」と説明している。

さらに「子どもがおもちゃを見せるために111に電話することは奨励しませんが、あまりに可愛かったので共有せずにはいられませんでした」と言い添えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]