足が逆向きの子犬、矯正手術成功で歩き方覚える 米オクラホマ州

手術前にエリック・クレアリー医師らによって診断を受けるシッギ/Courtesy Oklahoma State University

手術前にエリック・クレアリー医師らによって診断を受けるシッギ/Courtesy Oklahoma State University

(CNN) ラットテリア犬の「シッギ」は、人懐こく元気いっぱいで遊ぶのが大好きなごく普通の子犬だった。生まれつき、両前足の先が逆向きについていたことを除けば。

シッギは米オクラホマ州立大学獣医学校で、足の向きを正常な位置に戻す矯正手術を受け、元気に歩けるようになっている。大学が8月31日に発表した。

発表によると、同大では2019年にもクーンハウンド犬「マイロ」に同じような矯正手術を行って成功させた実績がある。それを知ったテキサス州ダラスの動物保護団体が、生後13週のシッギを同大の獣医科病院に連れてきた。

手術を担当したエリック・クレアリー医師によると、シッギの問題はひじの部分にあった。理由は不明だが、ひじの関節が外れて前足の下半分が激しくよじれた状態にあり、歩くことができなかったという。

CTスキャン検査の結果、ひじから下の骨が著しく変形していることが分かり、骨の一部を意図的に折って足先のよじれを解消する手術を5月12日に行った。

手術後のシッギ/Courtesy Oklahoma State University
手術後のシッギ/Courtesy Oklahoma State University

手術後は、骨が回復するまでひじの部分を固定されていたが、数週間たってリハビリを受けられるまでに骨が回復し、歩く練習を開始。クレアリー医師によると、シッギはすぐに歩き方を覚えて、庭でボールを追いかけるなど、普通の子犬のように遊べるようになったという。

シッギがハッピーエンドを迎えられたのは、大学の宣伝によってマイロの話を広めることができたおかげだとクレアリー医師は言い、「マイロはたくさんの人たちに喜びを与えた。シッギにも同じことが期待できる」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]