珍しい野生のユキヒョウ撮影に成功、カザフ東部で17年以降初

珍しい野生のユキヒョウ撮影に成功

(CNN) 中央アジアのカザフスタン東部でこのほど、人間の目撃事例も少ないとされる野生のユキヒョウの動画撮影に成功した。

ユキヒョウは隠密行動が多く、その生態が映像でとらえられたのは極めて珍しい。カザフスタン東部地域に生息するユキヒョウが映像で確認されたのは2017年以降で今回が初めてとなった。

今回の現場はカトンカラガイ国立公園内で、前もって仕かけていたカメラが2歳の雄の個体の姿をとらえた。

カザフスタン東部で珍しいユキヒョウの姿が捉えらえた/WWF Russia
カザフスタン東部で珍しいユキヒョウの姿が捉えらえた/WWF Russia

カメラはまた、別のユキヒョウの個体や子どもと一緒のメスのユキヒョウの存在も確認した。

専門家らは19年にカザフスタン東部でユキヒョウの生息調査を実施したが存在を裏づける材料が得られなかっただけに、今回の撮影の成果は「大ニュース」と喜んでいる。

ユキヒョウは中央アジアの高地の山岳地帯の岩場などに生息。世界自然保護基金(WWF)によると、野生の環境に住むユキヒョウは現在約4000頭とされ、気候変動や密猟の悪影響も受けているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]