米海洋大気局が気候の新常態発表、全米で温暖化が鮮明に

米海洋大気局(NOAA)が、全米規模での温暖化の進行を示す統計を発表した/NOAA

米海洋大気局(NOAA)が、全米規模での温暖化の進行を示す統計を発表した/NOAA

(CNN) 米海洋大気局(NOAA)は4日、2020年までの10年間の平均気温と降雨量に関する統計を発表した。米国は全土で温暖化の進行が「新常態」となっている。

1991~2020年の平均値を1981~2010年の平均値に比べると、米北中部を除くほぼ全土で温暖化が進んでいた。西部は干ばつが進み、東部は降雨量が増えていた。

NOAAは10年ごとに「気候状態」の統計を発表し、過去30年の統計を反映させている。

これまで寒冷地とみなされていたアラスカ州フェアバンクスは、5月の平均気温が華氏50度(セ氏10度)以上に上昇し、ケッペンの気候区分でこれまでの亜北極帯気候から、夏に温暖な大陸性気候に分類が変更になった。

世界気象機関は「北極圏は世界の中でも特に温暖化が急速で、世界平均の2倍のペースで温暖化している」と説明する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]