サンタの仮装で飲み歩き、賛否両論の「サンタコン」始まる 米NY

「サンタコン」で街に繰り出した人々。サンタコンについては一部で批判の声も出ている/Timothy A. Clary/AFP/Getty Images

「サンタコン」で街に繰り出した人々。サンタコンについては一部で批判の声も出ている/Timothy A. Clary/AFP/Getty Images

(CNN) 米ニューヨークで14日から、数千人がサンタクロースの仮装で酒を飲み歩く恒例のイベント「サンタコン」が始まった。

今年のサンタコンは、ニューヨーク中心部のタイムズスクエア内で同日午前10時にスタート。参加者はサンタクロースのほか、サンタの助手を務める妖精エルフやトナカイなどに扮して街へ繰り出した。

サンタコンの歴史は1994年にさかのぼる。2012年からは非営利活動に登録し、これまでに40万ドル(約4400万円)を地元慈善団体へ寄付した。主催者は「慈善的、非政治的でナンセンスなサンタの大会」とうたっている。

規模が最も大きいのはニューヨークだが、同様のイベントは世界40カ国以上で300件余り開催される。

この日は米国内のサンフランシスコやメリーランド州、コロラド州、さらにカナダなどでもサンタコンが始まった。

だが街に「幸せを広める」という趣旨とは裏腹に、一部の住民からは反感を買っているようだ。

ツイッターには、混雑した地下鉄で大騒ぎするサンタたちの動画や、ニューヨーク市民を最も強く団結させるのは「サンタコン嫌い」の感情だとする意見などが投稿された。

数年前に一家でニューヨークから郊外のニュージャージー州へ移ったという男性は、サンタコンの時期が来るたびに引っ越してよかったと思うと書き込んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]